• ホーム
  • ホルモンによる薄毛や育毛薬は加藤クリニック

ホルモンによる薄毛や育毛薬は加藤クリニック

2019年10月29日

加藤クリニックは薄毛の相談や育毛薬により治療を行います。
抜け毛や薄毛は気になるものですが、治療を行うにも恥ずかしさもあります。
薄毛は徐々に進行するためきっかけもわかりにくいことがあります。
髪の毛が薄くなったと感じたらかなり進んでいることもあります。
やはり早めに治療を行うことですが、悩んでいるなら加藤クリニックへまず相談をしてみることからはじめるといいでしょう。
髪の毛が抜けて薄くなるという場合、その原因があります。
ひとつはホルモンの影響です。男性にも女性にもホルモンがありますが、ホルモンは毛髪に影響が大きいので、そのバランスが乱れてしまうと髪の成長にも影響があるのです。
髪の毛は成長を続けて伸びていきます。
この期間が長ければそれだけ太く強い髪の毛になります。そして4年から5年で成長は止まり、やがて次の髪の毛が生えてくることで抜け替わり、また成長を続けるということを繰り返しているのです。
しかしホルモンバランスが乱れてしまうと、髪が十分に成長するまでに抜けてしまうことになるのです。
その成長期間が短くなるとやがて髪の毛は薄くなってくるということです。
抜け毛や薄毛の治療はまずこの原因より最適な育毛薬を使用することです。
加藤クリニックなら数ある実績から適切に育毛薬を処方して治療を行うことができます。
育毛薬は早く使用することで早く効果を得ることができるのですが、そのためにも継続して使用することです。
髪の毛はヘアサイクルというものがあり、そのヘアサイクルが短くなっている、また乱れているのが抜け毛や薄毛の原因なので、そのヘアサイクルを正常に戻すには時間がかかるということです。
自分の判断で途中でやめたりせずきちんと相談をして継続することが大切です。