女性用育毛薬の存在

2019年08月10日
脱毛を心配する男性

育毛薬といえば、男性に向けて作られている商品が、以前はほとんどでした。
しかし、最近はライフスタイルの変化などにより、男性だけでなく女性でも薄毛や抜け毛を感じる方が増えています。
薄毛や抜け毛に悩む女性が増えたのと同時に、女性用として作られた育毛薬の数も増えました。

男性は頭皮の皮脂分泌が多い為、育毛薬は皮脂の分泌を抑制するような作用を持つものが少なくありません。
一方、女性の場合は男性よりもヘアカラーやパーマなど、髪や頭皮を傷める機会が多い事から、乾燥しているケースがほとんどです。
女性用の育毛薬は傷んだ頭皮や髪を労わる、保湿成分を多く配合しています。
また、髪を健康に育てる為に必要な栄養素が配合されている商品や、イソフラボンといった女性ホルモンの働きをサポートする成分を含む、女性用育毛薬も多いようです。
女性の場合、頭皮の血行不良が薄毛や抜け毛の原因にもなります。

毛根に栄養素を運んでいるのは血液です。
頭皮の血流が悪くなってしまうと、毛根に十分な栄養素が行き渡らず、健康な髪を育てる事ができません。
女性用には血液の流れを改善する成分を含む、育毛薬も少なくありません。

男性用の場合、無臭であるケースが多いのですが、女性用の場合は柑橘系の香りやアロマオイルを配合しているなど、香りを楽しむ育毛薬も増えつつあります。
このような香りつきの商品は、リラックスしながら頭皮をケアできるので、特に女性に好まれます。
男性より女性の方が肌が弱く、刺激を受けやすいという事もあり、低刺激に作られているケースがほとんどです。
このように、男性用と女性用では使い心地などに違いがあるので、女性が頭皮ケアを行う場合、やはり女性用育毛薬を選びましょう。